後遺障害の等級

後遺症が残ってしまった場合には、当然治療はずっと続けていく必要がありますし、最悪の場合には介助が必要になってしまいます。そのため、後遺症の症状によって慰謝料の支払いも義務付けられているのです。もちろん後遺症の状態によっても治療にかかる費用などは異なってくるので、より症状が重ければ重いほど慰謝料が高くなる傾向にあります。後遺症の症状によって等級が定められており、この等級に応じて慰謝料の金額も異なってくるのです。

等級の認定をしてもらうためには、後遺障害の等級認定手続きを行う必要があります。なぜなら不正を防止するためです。後遺症かどうかを判断するのは医師になるので、まずは医師が後遺症であることや、交通事故が原因で発症したことを証明する診断書を作成してもらい、これを保険会社に提出します。保険会社は提出された診断書を損害保険料率算出機構に送付して、審査を待つようになるのです。審査をするのは保険会社でありません。

そのため、審査に通らなかったからと言って、加害者や保険会社に対して訴訟を起こしたり、文句を言ったりしても何も意味がないので注意しましょう。納得がいかない場合には、裁判になるケースも多いので、弁護士に相談をするようになります。もちろん弁護士なら誰でもよいというわけではなく、交通事故に詳しくて実績もあり、信頼できる弁護士に相談しましょう。当サイトでは後遺障害についての情報を記載していますが、できる限り弁護士に相談するべきだと呼びかけています。

関連リンク|後遺障害(後遺症)とは | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket